「送信」を押す前に!仕事でメールを使うときにチェックすべき10の項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事 メール

 「仕事でメール、使ってますか?」   インターネットが爆発的に普及している昨今。 仕事の現場で、メールが担う役割は、大変大きくなりました。

 ビジネスメール教育の専門企業であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)の調査によりますと、2012年時点、ビジネス上でのコミュニケーションを取る手段の中で、一番多いのがメールでのやり取りです。

 割合で見ると、まだまだパソコンでの利用が多いですが、スマートフォンやダブレット端末の普及によって、今後さらに広がるかと思われます。そこで今回は、『ビジネスシーンでのメール使用時に、チェックすべき10の項目』をお送りします。


【もくじ】

  1. 目的を確認する
  2. 送付先を確認する
  3. 件名を確認する
  4. 添付ファイルを確認する
  5. 誤字脱字を確認する
  6. 読み返す
  7. 中学生相手でも意図が伝わるか
  8. 送付のタイミングは適切か
  9. レイアウトを俯瞰する
  10. 再度「件名」「名前」「添付ファイル」を確認する

「失礼」「曖昧」「不快」なビジネスメールたち

 文章というものは、見る人によって、受け取り方が異なります。 言葉でもそれは同じですね。   見る人の状況や、体調、環境。 送信するタイミング、方法、文量、配信量。

 確かに便利なメールでも、それらへの配慮が欠けていると、思わぬトラブルを招きかねません。 無用なトラブルをさけ、良好な関係を築くためにも、ビジネスメールを使いこなしましょう。   慣れるまでは、以下の10項目をしっかり確認して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.目的を確認する

メールの目的はなんでしょうか?

  • ごあいさつ
  • アポ取り
  • 発注の確認
  • 請求書の送付
  • 資料の送付
  • FAXの確認
  • 問い合わせ
  • 問い合わせへの返信

  などなど。 できる限り具体的な目的にまで、今一度掘り下げましょう。   そうすることで、的確なメールを作成することができます。

2.送付先を確認する

 送付先はどこですか? 送付相手は誰ですか?役職は?   基本的な部分ですが、間違えやすい項目であるとともに、相手を不快にさせる要因です。

 それは、実際にお会いしている時、名前を間違えた場合の不快感を想像すれば、納得していただけるでしょう。   相手が目の前にいないからといって、気を抜くのではなく、相手の顔を思い浮かべながら、あるいは想像しながら、丁寧に確認しましょう。

3.件名を確認する

 目的は確認しました。 では、その目的を元に、受信者が件名だけを見て「あの件のことか」と、判断できるような件名をつけましょう。   目的を具体的にしていればいるほど、この作業は容易かと思います。 今すぐメールを開封する必要があるかどうかも判断できれば、尚良いですね。

 ビジネスマンは時間に追われています。 メールを確認する時間も、相手の時間を「奪っている」という認識のもとに、件名を作成しましょう。   ちなみに、広告宣伝用のメールでは、この件名一つがその成否を分けるぐらい重要なものです。

4.添付ファイルを確認する

 Gmailを利用している方はご存知かと思いますが、メールの本文に「添付」という文字があるにも関わらず、添付ファイルが無いまま送信しようとすると『ファイルを添付しましたか?』という警告が出ます。 実際、この機能に救われた方も多いのではないでしょうか。

 そこからは、いかに添付ファイルの添付忘れが多いかが、うかがえますね。 そして、それは相手にとって大変失礼なことです。   もし、目的が具体的で、しっかりと把握できていれば、このようなミスは起こりません。 しかし重ねて確認することは、ビジネスマンとして当然の行いと言えるでしょう。

5.誤字脱字を確認する

 目的を把握した。 添付資料などの確認もした。再確認もした。   それでは、いよいよ送信か。 そうではありません。   メールというものは、基本的に「文章」で構成されています。 口から出てしまった言葉を引っ込める事はできませんが、文章であるならば相手に到達するまでは引っ込める事ができます。

 今一度、文面を確認しましょう。 特に、変換ミスや入力ミスは、誰にでも“良くあること”です。(この記事の中にもありましたら、遠慮なく教えて下さい)

6.読み返す

 誤字脱字は解消しましたか、それは良かった。 でも、ちょっと待って下さい。   なんだか、文章が長すぎはしませんか? せっかく件名で的確に内容を伝える準備をしているのですから、文面の無駄も削りましょう。

 繰り返しますが、メールを読む時間は、相手の時間を奪っているのと同じです。 無駄を最小限にし、文法の間違いを正し、難解な言い回しをなくしましょう。

7.中学生相手でも意図が伝わるか

 あなたがもし中学生だったとして。 そのメールを見て、内容が把握出来ますか?   もちろん、この問いは極端な問いです。 専門知識が無ければ、大人でも分からないことがあるでしょう。   ただ、この問いで気付いていただきたいことは、「伝えることが一番だ」、ということです。

  • 取引先だったら、日頃の感謝と敬意をこめて。
  • 同僚だったら、気合が入るように「!」をたっぷりつけて。
  • 後輩へのメールだったら、励ましと激励の格言をつけて。

  意図は、感情から伝わることもあるのです。

8.送信のタイミングは適切か

 雑務に追われて、深夜まで残業。 なんとか片付けたと思っていたら、メールの返信を忘れていた。   慌てて早急に書き上げて、夜中の2時にメールを送信。 相手方はどう思うでしょうか?   朝、メールを確認する人なら、それでも問題ないかもしれません。 もしかしたら、遅くまで頑張っていると、感心されるかもしれません。

 しかし反対に、「なんと要領の悪い取引先だ」「納期も平気で遅らせるのでは」「仕事の出来ない社員だ」   そう思われない保障がどこにありますか? タイミングは重要です。

9.レイアウトを俯瞰する

 先程も申し上げましたとおり、現行パソコンでメールを使う人が多いですが、スマートフォンやタブレット端末閲覧する人も、増えています。 だからこそ、レイアウトもしっかり確認しましょう。

  • 改稿
  • 折り返し
  • 文字の大きさ
  • バランス

  加えて、記号や機種依存文字への配慮も、忘れずに行いましょう。

10.再度「件名」「名前」「添付ファイル」を確認する

 メールは、「確認にはじまり確認に終わり」ます。 もう一度、ザッと全体の確認をしましょう。   特にミスが多い「件名」「名前」「添付ファイル」は、何度確認しても損はありません。

全ては相手への気遣いから

 いかがでしたか。   メールは気兼ねなく使える分、十分な配慮が必要です。 そこにあるのは、相手のことを思い、気遣いをしっかり行うという、コミュニケーションの基本です。

 ぜひ上記の10項目を使って、ビジネスメールの達人になって下さいね。

コジゲン一言メモ

仕事上では、BCCやCCの使い方にも配慮が必要だよ!

参考

伝え方が9割
伝え方が9割

posted with amazlet at 14.03.27
佐々木 圭一
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 202
「メール好感度」を格段に上げる技術 (新潮新書)
神舘 和典
新潮社
売り上げランキング: 571,031

【ライター講座】受講生募集!

コジゲンでは、ライター講座の受講生を募集しています。

将来の独立も可能です。

まずはお気軽にご連絡くださいませ!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.